旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/27(日) 21:12
上海
3日目の朝。
このホテル、B&Bというだけあって朝食は無条件についてくるので
チェックイン時に朝食カードを渡されます。
そこにメニューがいくつか書いてあり、食べたい物にチェックをして
当日渡すシステムになっています。
(早朝出発の場合はサンドイッチを用意してくれるらしい)。

で、通常のセットの他に「LIGHTなんちゃら…」と書いてあるのが
あったので、2日目の朝はそれにしてみました。

これが…LIGHT…
上海83

スープ皿になみなみと注がれたヨーグルト。中には果物がゴロゴロと。
奥は目玉焼き2つとトースト1枚。…HEAVY!十分にHEAVY!

今日からホテルを移動します。
友達から事前に「上海は素敵なホテルが沢山あるからホテルライフを
楽しんだ方がいいかもよ」とアドバイス頂いたので
前半と後半とでホテルを変えることにしました。

11時頃友達が迎えに来てくれる予定なのでホテルのお姉さんに
チェックアウトの時間を確認したら「うちは特に決まってないか
ら大丈夫よ!」と言ってくれたので、お言葉に甘えて時間まで
部屋でまったり過ごすことにしました。
最後まで居心地の良いホテルでした

さて迎えに来た車に乗って次に行くホテルは
外灘の方にある浦江飯店
1846年、租界時代に出来たというクラシックホテル
上海92

ちなみに、この「孔雀堂」という名のブランケットルームは、
この写真を撮った直後から映画の撮影のために機材が入り立入禁止と
なったため、これが最初で最後の撮影チャンスとなりました
上海93

この後から大量のエキストラ要員達がロビーで待機してて、その人達が
昔のチャイナ服を着てるために余計レトロ感が出まくってました

作品は、機材車に「危険関係」と書かれていたので帰国後調べてみたら、
どうやらチャン・ドンゴン主演の映画の撮影だったらしいです。

ホテル内のどこかにチャン・ドンゴンがいるかも
なんてことには全く気付かす部屋にチェックイン。って広っ
上海84

1人なのでダブルを選んだんだけど、ダブルだと最上階の狭い部屋…
と聞いてた割にはやたらと広くて、ちょっと無駄な移動距離が生じます
上海87

ちょっと狭いと言われる理由の1つ。バスタブが無く
シャワーブースのみ。でも結構広い洗面所なので快適。
上海86

こういう「背広専用」な小物もいいですねえ。使わないけど。
上海85

小学生の机にありそうな文房具セットも微笑ましいです
隣の分厚いアクリル板みたいなものはLANケーブル。
上海88

場所によっては外灘の夜景が見えるらしい窓。私の部屋は残念ながら…。
上海89

さて友達がロビーで待ってるので降りないと…と
思いつつレトロな建物を撮影…。
上海90

泊まったことがある著名人達…。
上海91



にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0
豫園 北朝鮮料理レストランとは…
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
   
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。