旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/28(火) 00:29
観劇
サンシャイン劇場で「サイケデリック・ペイン」を観てきました。
P1020162.jpg

作詞家の森雪之丞が戯曲を書いて布袋寅泰が作曲を担当、
そして演出がいのうえひでのり

というわけで、紛らわしいけど新感線公演じゃないため開演前の
曲はジューダスじゃなかった

さすがにロックバンドの場面は最高
ギタリスト役の綾野剛が激かっこよかった
(歌はかなりの不安要素があったけど…きっと回数こなせば
こなれてくるはず…はず)。

北乃きいの殺陣が素晴らしかった
特技クラシックバレエだけあって体の軸が全くブレてない

あと片瀬那奈は劇団員かと見間違えるほど新感線に溶け込んでた
是非、準劇団員になっていただきたいです


しかし…話の展開はちょっと判りにくかった

正直、1幕目が終わった時点では話の世界観に全くついていけず…

集中して観てれば理解出来たのかもしれませんが
ああ、綾野剛かっこいいなとか
福士誠治の声は尾崎豊に似てるなとか
雑念を交えながら観てると…1幕終わった時ポカーーーン


以下、疑問点の溢れた1幕(ネタバレ)。




①冒頭の場面から歌が終わった後の場面への西暦の変更を
注意して観てなかったから時系列がよくわからなくなった
(実際には約1年前に遡る…はず)

②ロックバンド「サイケデリックペイン」のボーカル詩音はブレインスクエアの
ハッキングで出会ったソフィと呼ばれる天使に夢中…って展開だけど、
ブレインスクエアって…何
ゲーム?通信?元々その辺のジャンルに詳しくないから余計に把握しづらい

③最初のソフィ映像にちょっと引く
そして映像と実像の切り替えが良くわからないから初音ミク的な
架空の存在なのか実在するのか判りづらい。

④ソフィは大天使ミカエルを復活させようとしてて、その救世主が
詩音でミカエル復活の鍵を持ってる、って近未来+天使と悪魔
結構重要な設定の説明が歌でサクサク語られすぎて記憶に残らない

などと、疑問の山を抱えてポカーンとしたまま休憩時間を終え
不安を抱えつつ2幕が始まるのですが…

2幕目になって橋本じゅんが出てくると途端に1幕のエピソードが
うまい具合に繋がっていき、最終的には「なるほど」な気分になり
満足度を持って終えることが出来ました不思議

これは…2回は観た方がいい気がします
もしくはサントラを買って聞くと、1幕目で歌われた歌詞を改めて聞いて
「あ~!そういうこと」と膝を打つことが出来ると思います


まあ、そんなこんなの若干の判りにくさと、若干の(夢を持つ云々の)気恥かしさを
差し引いても、布袋寅泰な楽曲のロックオペラはかっこよかったーーー

惜しむらくは…サントラに布袋Voのテレグラムサム入れて欲しかった


ちなみに初日だったので客席に森雪之丞と布袋寅泰の2名が
さすがに場内拍手が起きてました



あ、あと綾野剛の髪が地毛なのかヅラなのかエクステなのか
ずーーーっと気になって仕方なかった
でも終わった後の布袋さんツイートの打ち上げ写真で短髪の彼が
写っててヅラだということが判ってスッキリ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0
2日目夕食 亀の井別荘の天井桟敷
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
   
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。