旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/29(水) 23:55
観劇
森山未来主演の「ヘドウィグ&アングリーインチ」を観に行ってきました。
演出は「モテキ」の大根仁監督、訳詞はスガシカオ。
hedwig
…それにしても携帯とフォーチュンワンダの組み合わせだとどうやっても
焦点が合いません

韓国まで観に行くくらい好きなヘドウィグ
今回はどうやら以前とは違う展開になりそう

森山未来版は「ライブハウス上演スタンディング席あり」なので
芝居部分の演出は変わるんだろうな~?とは予測してました。

開幕直前の公式サイトでの発表で上演時間1時間30分というのを知り、
芝居部分がカットされるんだろうな~?とも予測してました。

ライブメインな演出になるんだろうな~?とも予測してました。

だがしかし。

ここまで設定が変わってしまうとは予想だにしなかった

かなり驚愕の設定変更です
ライブ物として、別物としてはすごく楽しめる

けど、オリジナルに近いヘドウィグが観れるという喜びからは
遠く離れてしまった

9月末の韓国版ヘドウィグ、観に行っちゃおうかな
と思ってしまいました

あと2回、観に行く予定なのですが、純粋に森山未来の歌を楽しむ
と割り切ってスタンディングを楽しもうと思います

下部「つづきも読む」にて完全なるネタバレ…。 まず舞台の設定がベルリンではなく日本。ライブ会場はそのまま渋谷。

冒頭のイツァークの拡声器でのセリフがまったく聞き取れないため
肝心の説明がよくわからなかったのですが、舞台はどうやら原発事故により
放射能に汚染された地域を壁で隔離してある世界…近未来

なので、具体的な戯曲上での改変点は

ベルリンの壁=日本のとある放射能汚染地域を隔離する壁
東ドイツ生まれのヘドウィグ=放射能汚染地域生まれのヘドウィグ(無戸籍)
ドラァグクイーンに憧れるイツァーク=放射能汚染の影響で生まれた両性不有者
米軍兵のルーサー=米軍より派遣された汚染地域内教会の牧師

などなど…

もはや別物です

ちなみに主にカットされたのはトミーとのエピソード
トミーとの出会いも違うし、仲良く作曲しあってた場面は無いし
再会して事故る部分も無しおかげでトミーの印象が薄ーーーい

当然、トミーとの事件があったからトミーのコンサート会場の
近くでライブをやってて、トミーの声が聞こえてくる…って設定も無し
でも合間合間にトミーの映像は入ってくるという不思議

そんな感じなので、半身を探すという設定も何となく薄まってます
あとイツァークの存在も薄いのでラストが良くわからなくなってる…

うーん、やはり初期設定を変えたため、あちこちにひずみが出来てて
最後収まりがつかなくなってる気が

パラレルワールドの話として、いっそラストを変えてしまった方が
良かったんじゃないかな?
スポンサーサイト
コメント:0
蕎麦街道 2日目夕食
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。