旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/06(水) 02:04
台湾
中山駅から地下鉄に乗って北投駅で降りたら…
taipei113

新北投駅に向かうには乗り替えが必要。
この乗り替えが、何故か半端な階段を上ったり下りたり。
taipei114

こっからいきなりリゾートモードに
北投→新北投へは1駅で、これに乗る=温泉に行く、ってことなので。
taipei115

電車の中では温泉の紹介VTRが流れてます
taipei116

あっという間に新北投駅に到着
昔来た時はバスで来たのに…便利になったもんです。
taipei117

駅前の風景は昔とあまり変わってない気がする…。
taipei118
目の前の道を真っ直ぐ進むと10分ほどで温泉街に行けます。

が、結構な上り坂なのでタクシーに乗って移動
taipei119

今日のメインである目的地、VILLA32です。
taipei120

ここ、隣には団体御用達っぽいホテルが経ってるのでタクシーが
止まると「ここじゃなくて」って言いそうになるんですが、その
ホテルの横にひっそりと入口があります。歩いてたら見過ごしそう…。
taipei121

中はホテルとレストランとスパ。
宿泊の場合、ホテルは1泊1室6万円ほど
taipei122
ホテルはサイトで予約出来るけどスパはメールで依頼するしかないようです。

ホントはエステもしたかったんだけど、1週間前に連絡したら既に夜まで
予約が埋まってて断念人気らしいです
taipei123
というわけで日帰りスパのみの利用にしました。スパのみ利用でも予約が必要
4時間で2200NT$。結構なお値段ですが、ここなら裸でのんびり露天風呂に入れます
(台湾は水着着用必須の温泉が多い)。

ここ、とても良かったーーー
値段が高いだけあってエビアン飲み放題タオル使い放題、は当たり前として。
休憩室はハーブティやお菓子や果物が食べ放題飲み放題、なのも当たり前として。

浴槽が9種類あるんですが、泉質や温度が違うためそれぞれで楽しめます
泉質のせいなのか、ちょっと入ってただけで普段なかなか汗をかかない顔から
ブワッと汗が噴き出してきます
それだけ温まりやすいのか普段は湯あたりしないのに、ここで長く入ってたら
頭がフラフラしてきて
で、そういう時は24℃の冷泉に入る
水風呂(別にあって20℃)ほど冷たくないので、ほどよく体が冷えてスッキリ
で、また温泉に入って…冷泉に入って…の繰り返し

で、疲れてきたら更衣室の横にあった薄暗いリラクゼーションルームで
ベッドのような椅子に座って…仮眠

で、またもや温泉入って冷泉入って…

4時間はさすがに持て余すかな…なんて入る前は思ってたのに。
気付いたらもう30分前満喫しすぎ早く帰る準備しないと

慌てて準備をして、友達との待ち合わせ場所へ。
taipei124
既に外は真っ暗。お湯に浸かりすぎて頭も体もフワフワ~
エステの予約、取れてなくてちょうど良かったかもしれません

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
明福で仏跳牆 台北といえば小籠包
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。