旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/21(日) 23:04
韓国
ソウルではほぼ毎年のサイクルで行われてるヘドウィグ公演。
日本では数年に1回?!程度だし、去年の森山未来版は全くの別物だったし。
オーソドックスなヘドウィグが観たかったら韓国に行くのが手っ取り早い方法。

というわけで到着日の夜は早速のヘドウィグ観賞に向かいます。

東大門歴史文化公園駅から目的地の三成駅までは地下鉄で1本。
でもかなり遠回りになるので、本当は途中で乗り換えた方が早いはず。
1307199
ですが到着したてであまり疲れたく無かったのでのんびり乗って到着。
40分くらいはかかったかな?

前に来たヘドウィグ公演も三成だったけど、劇場は別です。なので
出口を確認…する時に気をつけないといけないのは、この駅付近地図、
東西南北の方角が場所によってバラバラなこと
13071910
自分が観てた地図と方角が違うので、かえって混乱しそうになり
結局手元のスマホの地図を頼りに移動。

ペガムアートホール!見つけました。
13071911
が、看板下の回転ドアが開かない
よく見ると張り紙に何か書いてあり矢印もあったのでそちらに移動すると…

こっちが入口でした。ちゃなとヘドウィグに出てくるホテル名になってる
13071912

開演までまだ時間があるので、劇場すぐ近くのカフェでお茶。
この無造作に置かれてるコンセントは、やはりスマホ対策でしょうか?
13071913
この時点で21時。そう21時。
これで開演前です。開演は21時30分です
こういうのが当たり前に上演してて、当たり前のように客が集まるんだから
ソウルの観劇事情ってホントスゴイです。

さて開演時間が近づいたので劇場へ入ります。が…
この劇場、客席は階段を下りた地下にあるのですが…前の公演(19時開演)から
出てくる客とこれから入る客が階段で交差してかなりのパニック
なのに係員の誘導ゼロ。さすがです…。
どうやら21時半開演の入場はまだ出来ないみたいなので、しばらくロビーをうろつくことに。

今回のキャストはトリプルでこの3人。このうち真ん中のチョ・スンウという人は
韓国では大人気のミュージカル俳優らしく、彼の出演するミュージカルは即日完売!
当然今回のヘドウィグも、彼の出演回だけは本当に即日完売してて購入出来ませんでした。
13071915
映画「マラソン」はNHKBS「馬医」からは全く想像が出来ない…。

で、私が観る回はこのキャスト。ソン・チャンウィとク・ミンジ。どうなるかな~?
13071914

5分前になってようやく階段が空き始めたので入場しました。
舞台セットは前回と殆ど同じでした。
130716
で、観終わった感想としては…
ソン・チャンウィ、歌はすごく上手いんですが…今まで観た中で一番響かないヘドだったかも
何と言うか…痛くも弱くも悲しくも無いヘドウィグというか
最後のトマト場面も「はいトマト出すよ~潰すよ~」って段取り通りな感じだったし。
チョ・スンウ版はどうなってるのか…気になります

さて、終わったのが…23時50分
アンコールがミニライブになるしね開演も遅れたしね
一応平日の終電は遅めということは確認してあったけど、それでも急がないと!と
ダッシュで駅へ。この時間だと電車も少ないので、乗りこめたのは日付変わってから。
13071917

でも乗ってしまえば1本で安心
で、東大門に着いたら、当然の如く…不夜城
13071918

夜はまだまだこれからです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
週末深夜の東大門市場 ミュージカル三昧inソウル
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。