旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/07(土) 02:30
台湾
とても居心地が良いホテルですが、朝起きて気付きました…
この部屋、窓が無い朝起きても真っ暗
昨日は夜だったし快適すぎたにしても…気付くの遅っ

朝食として渡された近くのカフェの引換券と地図。
「タンテイコーヒーという店です」と言われたので探偵?と思って行ってみたら…
13082501

なるほどタンテイ。ダンテコーヒーと読むみたいです。
13082502
朝食券を見せると慣れた様子で朝食用メニューを渡されて
・ジュース(オレンジ、アップルなど)
・パン(サンドイッチ、ベーグルなど)
・ドリンク(コーヒー、カフェラテなど)
をそれぞれ1つずつ選んで朝食券に番号をかいて注文するシステム。

オレンジジュース、フレンチトースト、カフェラテを選びました。
フレンチトーストっていうかクロックムッシュ?!
13082503
テイクアウトも出来るので店が込んでたら持って帰って部屋で食べるも良し。
味はごくごく普通。

お昼に到着する友達と合流する予定なのですが、まだまだ時間があるので
ホテルから1ブロック歩いた場所にある国立博物館に行ってみます。
13082504
ものっすごい日差し

日本統治時代に総督の記念館として建てられた、台湾最古の博物館だそうです。
13082505
天井きれい…すてきな建物…

なのに水漏れ対策がこんな雑な感じだったりするのがアジア流
13082507

元々のこのお二方の記念館だったそうです。
13082508
これ、3階の特別展示見たいなブースの合間に唐突に現れます

で、その3階で何を展示してるかというと、食物と自然環境について…的な内容なのですが…
13082509
どうも雰囲気が文化祭風どことなくポップ。

1階の特別展示はチャイナドレス展。
13082511

素人が手を出せないレベルのチャイナドレスの作り方説明。気が遠くなるほどの採寸…。
13082512

廊下には展示に関係する本が置いてあったりして、座って一休みして…落ち着く
13082513

とはいえそんなに広くもないので一通り観終わり、まだ少し時間があるので…
同じ公演内にある台北二二八記念館にも足を伸ばすことに。
13082514
228事件については「悲情城市」を観た影響で得た程度の知識しか無かったので
ここに来て初めて知る事実が沢山ありました

まずは日本統治時代の説明から始まります。
13082515
で、終戦後は日本の統治が終わり、代わりに中国から国民党がやってくるのですが、
元から住んでいた台湾人に対する差別などもあり、いろいろと摩擦が起きて…
1947年2月28日、とある事件をきっかけに国民党に対して市民のデモが起き…
そこから何だかもう、いろいろと大変なことになっていくのです。

どんな風に大変かというと、市民への機銃掃射とか、
13082516

「派兵しない」と言っておきながら、やっぱり市民へ機銃掃射とか、
13082517

暗殺とか暗殺とか暗殺とか…
13082518
かなりのバイオレンス事実は小説より奇なり
日本語表示はタイトルくらいしかないので詳しくは判らないのですが
運動に参加してたエリート達のその後に「消息不明」というのが多いのも地味に怖かった

無料で借りれる音声ガイドがあることを後で知って後悔
時間もあまり無くて掛け足で見ちゃいましたが、ここはもう一度行ってじっくり
見たいかも。小さい記念館だけど見応えありました

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
九份に到着 夜の西門市場
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。