旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/13(日) 00:41
台湾
※※※これはシモの話です。お食事中の方はご遠慮下さい※※※

問題無い方は右下「つづきも読む」をご覧下さい。 台湾と韓国。
どちらも、食事は口に合うし地下鉄があってタクシーも安くて移動もしやすいし
どこでもカードが使えるし、旅先としてはとても便利な国。

でも、ただ1つ。これさえ無ければ…と残念に思ってる部分があります。
(知らないだけで他の国でもあるかもしれませんが)。

それがトイレでのコレ。
13082817
最初は意味が判らなかった…と言うか日本によくある「汚物は汚物入れへ」と思ってました。

でも違った。
これは「紙は流さないでゴミ箱へ捨てて下さい」の意。
この「紙」には用を足した後に拭いた紙が含まれてます…ます…ます!
これが…どんだけのストレスか

アジアでのトイレの難については、香港で水が流れないトイレや便座が汚くて座れないトイレで
だいぶ精神を鍛えられてたつもりですが…この「紙をゴミ箱へ」は地味に辛いです。ジワリと辛いです。
一見小綺麗なビルや空港でもこんな風だったりするから油断出来ません。

まず拭いた紙を、下に落とさず周りに触れないように便座の外側へ出す。
この行為が結構緊張します。

そしてこれをゴミ箱に捨てるのですが…
これが只のゴミ箱だと他人の後始末をした紙が大量に捨てられてて…
見た目的にかなりキビしい。
そこにウッカリ物でも落としたら…とか
ウッカリ転んでこれを倒してしまったら…とか
怖い想像がどんどん広がってしまい、ビビリまくりながらトイレを出入りする羽目になります。

だからといって、そのゴミ箱がうっかり蓋付だったりすると、
それを開ける動作も必要になります。例えばこういうゴミ箱の場合…
13082818
座ってた状態から紙を持ったまま(勿論パンツ下げたまま)
立って足で蓋を開けないといけなませんこの姿の何と情けないことか…
(他人の方法を見てないからあくまで自分調べ)。

トイレに水を流せない原因としては、下水道に問題があって(細いとか?)
紙を流すと詰まるから、だそうです。
実際に観光客が多かった場所で詰まったトイレを見たことあるし
詰まりを直す吸盤がトイレ内に置いてあるのをよく見かけるので、
それはそうなんだと思います。けど、でもしかし。

それなら、溶けやすい紙を使えばいいんじゃないでしょうか????

韓国も台湾も、トイレの紙がちょっとしたハンドタオルくらいありそうな頑丈さだったりします。
薄ければ硬いし柔らかければ厚い。どっちに転んでも溶けにくそうです。
そこまでしっかりした紙じゃないと不安なんでしょうか?でもその結果として詰まるのであれば…
下水を治すより紙を変えた方が早いし安上がりだと思うんですが。

ちなみに、それなりのホテルに泊まればトイレに流せます。あと建物によっても流せるみたい。
トイレの横にでかいゴミ箱が無ければ、それは流せるってこと…という認識が間違って無ければ、
の話ですが

台湾も韓国もここ数年、加速をつけて街がキレイになって便利になって売ってる商品も高品質になって。
だったらトイレの紙も高品質にしてくれたら…トイレの紙を心おきなく水に流せるようになったら…
もっともっと居心地の良い国になると思います。少なくとも私にとっては

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
ラストオブあまちゃんじぇじぇじぇー展その1 蝦食べまくって帰国
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。