旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/01(月) 23:41
パリ
今日は1日かけてモンサンミッシェルの旅。
天空の城ラピュタのモデルとなったことで有名。
一度は行っておきたい場所でした。

個人で行くにはTGVとバスを乗り継ぐのですが、自分で動くのが面倒に思えてきて…
いろいろ調べてエミトラベルのツアーを日本にて予約。

東京名古屋間くらいの距離なので集合が朝7時です。真っ暗の中を出発。
何と定員いっぱい50名の参加。バスは満席です。
モンサンミシェル行きバス

日・月と結構歩きまわって足が棒になって疲れも貯まってきてたので、
バスで爆眠してるうちに連れていってくれるツアーにして正解でした。
途中のドライブインのトイレは日本人が行列。
こんなにトイレに行きたがるのは日本人くらいだそうです。
体質的にトイレが近いという以外に「念のため」行きたがる人が
多いからかもしれない、とガイドさんが言ってました。
確かに。

さて再出発。次は途中の田舎村「ブブロン」へ立ち寄ります。
こんな柄の入ったバスに乗ってたのか…。
bus


このツアーに決めた理由の1つが、途中の田舎町も観光出来ること。
曜日によって訪ねる村が違うのですが、火曜日はブブロン村を訪問。
『村民2,000人以内』『宿泊施設がある』などの条件を満たすと観光局
指定の田舎村として認定されるとか?この辺の説明は記憶が曖昧ですが。
ブブロン

このあたりはシードル(りんご酒)が有名だそうで、
シードル街道なんて名前がついてる。
ブブロン5

申し込む時、水曜は空いてるけど火曜は満席間近、と言われたんだけど、
その理由はブブロン村がフィガロジャポンで紹介されたから、だとか。
ブブロン2

冬はお休みしてしまう(バカンスに入るらしい)店が多く観光としては楽しみ半減ですが
その代わりなのか冬限定で軽食がプランに付いてきます。
ブブロン4

現地のパン屋のパンと菓子とジュースのセット。これが美味

なので、そのパン屋で名物と言われる『ブブロン』も買って食べました。
リンゴを煮たものとクリームをクレープで包んだ素朴な菓子ですが
甘さ控え目でこれも美味かった

食べながら村内を散策。ここは村民2,000人以内どころか200人ちょっと。
そこに日本人観光客50人。ただいま村内の5人に1人は日本人です
ブブロン6

45分の散策を終えて、一路モンサンミッシェルへ。
スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0
パリ4日目 モンサンミッシェルへ その2 パリ3日目。デパート巡り→リド。
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
   
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。