旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/04(木) 21:54
ソウル2016
忠武アートホールにやってきました。
16011568


観に来たのは「フランケンシュタイン」
16011569
ヴィクター:パク・コニョン、怪物:パク・ウンテという配役。
パク・ウンテの声がどっか聞いたことがあるような…?!塩沢兼人(故)を思い出しました。
懐かしいなあ…甘い声だったなあ…

演劇としては坂本昌行(怪物)と東山紀之(ヴィクター)のフランケンシュタインを観た程度。
その前に原作のあらすじも読んだけど。

という程度の知識でこの作品を観たんですが…私の知ってるフランケンシュタインとはだいぶ話が違うような…???
知人の遺体を使って怪物を作る…この時点で私の頭の中には「ペットセメタリー」しか思い浮かばなくて…。
全くもってオリジナルなフランケンシュタインでした。
怪物の身体の一部(しかも頭部)に知人を使ってしまう時点で話の根幹が変わってしまう気がする。
どこはかとなく、というより若干意図的とも言える程にBL風味を漂わせてるし。
そのせいか怪物の風貌が全く怪物じゃないどころか細マッチョ長髪イケメンだし(これはキャストにもよるけど)。

うーーーーん、坂本東山版の印象が強すぎるのもあってか、ミュージカル版に全く気持ちが入りませんでした。
歌は相変わらず上手いし豪華な感じで所々は面白かったんだけど、これフランケンシュタインって言われちゃうと疑問…。

それにしてもジャックザリッパーといいジキル&ハイドといい、マッドサイエンティストが危ない実験によって悲劇を生むって展開、多いような気がするけど…こういう話が韓国受けするのかな。
だったら是非ロッキーホラーショーの再演を是非ともお願いします
あれも一応はマッドサイエンティストが人造人間作る話ですから

終演後、ロビーに出たらすっごい人混み。そういやこの劇場は正面ロビーから役者が出てくるんでしたっけ。
最初人だかりがわさーっと出来てたんだけど、先頭で明らかに係員ではない(私服)人が仕切り始めると、みるみるうちに行列が出来始めました。どうやらファンクラブ会長的な存在のような人らしいです。
16011570
後で聞いた話によると、今日出演したパク・ウンテはファンサが神対応で有名らしく、それを求めてこんなに人が待ってるようです。
あんな長丁場の舞台を終えた後に毎回この列のファンサ対応してるとは…大変

さて次の劇場に向かうため急いで移動しないと。
16011571
新堂駅は2番線ホームは劇場口から遠いけど6番線ホームはすぐ真下を走ってます。
急がないと~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
百年屋でスンドゥブ 東大門で換金する時
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。