旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/03(火) 02:29
バンコク
従妹が仕事の都合でタイ在住となったので、これ幸いと?!初のタイ旅行に出かけることにしました。

GWが近いせいかいつもより混んでる羽田空港。
土産を探してたら時間が無くなり、すぐ食べられる店ですぐ食べられる物を慌てて食べます。
160422001 

かなーり離れた142ゲート。フロアに誰もいない…と思ったら下に降りたところでした。
160422002
通路沿いにトイレが無いから手前で済ませてきたけど、降りたらちゃんとありました。

今回初のタイ航空。写ってないけどUSBも使えます。
160422003
ポケットが不思議な形をしている(横から入れる)以外は特に問題なし…。
160422004
機内食は和食かタイカレー。せっかくだからタイカレーを選んでみました。
見た目はパッとしないけど味は普通に食べられます。
160422005

「レヴェナント蘇えりし者」…重い!!!
映画館でこれ観てたら耐えられなかったかも…ってくらい重かった。面白かったけど息苦しい。
160422006

途中でアイスが配られました。安心のグリコ抹茶味。
160422008

タイ航空に限らず日系以外の飛行機の難点なんだけど、日本語吹替OR字幕の映画が少ない…。
仕方ないので古い映画「しあわせの隠れ場所」を観ました。懐かしいな…。
160422007
原題がこんなんだったと初めて知りました。

6時間半ほどでタイに到着。したはいいものの、まず入国審査が長~蛇の列!
待ってる間に今回初のdocomoの1dayパケを試してみることにします。
24時間30mb制限で980円。今回は従妹と行動を共にするからそんなに使わないかな~?ってことで。
160422009
羽田のdocomoカウンターで聞いたら判り易く教えてくれました。
貰った用紙の通りアプリで利用開始したら入国を待つ間に接続完了!簡単!
が…入国を待つ間にちょこちょこツイッター見てたら、あっという間に「10mb超過しました」のお知らせ…早っっ!!!想像以上に容量少なかったわ30mb…従妹と会うまでは節約せねば…。

ほぼ1時間弱並んでようやく入国を済ませたら、まずは両替。
空港の到着ゲート付近には沢山銀行の両替所があるのですが、その辺はどこもレート悪し。
ちょっと面倒でも地下のエアポートレイルリンク駅の方まで行く方がいいそうです。

地下と言ってもこの辺まではどのレートも同じ。ここから右に進んだ先まで行きます。
160422013 
ちなみにこの辺のレートは1万円=2920…くらいだったかな。とにかく3000弱。

鉄道の切符売り場の脇の方を行くと両替屋が何件も連なってます。
160422012
右に行っても左に行ってもズラっと両替屋。で、右側の両替屋が一番レートが良いため長蛇の列。
と言っても1万円につき20バーツ(約60円)の差。

というわけで空いてた左側のSuperRich(街中に何件もあるメジャー両替屋)で1万円両替。
160422011
ここは1万円=3175バーツ。上にあった銀行と200バーツ近い差。
さすがにこれだけ違うなら、足を延ばしてもこちらで両替をすべき。
160422010

で、ここからすぐ隣のエアポートレイルリンクで移動すれば楽…ならば良いのですが。
これが微妙に使い勝手が悪く、空港直行の特急は不人気のあまり運休中。
各停のシティラインに乗ったとしても、乗換駅以降の移動でエスカレーターが設置されている可能性は五分五分。あとは階段移動だそうです。

今回、従妹のための食材土産を大量に仕込んできてるため行きのスーツケースは20kg越え…
無理!電車は無理!

というわけでタクシーに乗るべく1階上のタクシー乗り場に向かうと…。
160422014 

ここも長蛇の列!!!
160422015 

このタクシー乗場、最先端というか、乗場の画面をタッチすると車の番号と待機場所が書かれた紙が印字されるので、その待機場所に来るタクシーに乗れば運転手も把握出来て安心、というシステムなんですが…
何故か手前3台使われず、奥の1台のみを係員が操作してます。
160422016 
だから遅いんだ…ここ、無人にするためにあれ作ったんじゃないの???
たぶん…これ…失敗作じゃないのかな?という予想。

ここでも30分以上待ってようやく乗車。この紙がタクシー乗車に渡されます。
何かトラブルがあった時はこの紙を元に運転手を訴えることが出来るみたいです。
160422017 
少しでもタクシートラブルを無くすため、ということで作られたシステム…のはずですが。
結局メーター倒さなかったり高速代を嘘ついたりする運転手が後を絶たないとかで…
よほど悪質でなければわざわざ訴えたりしないであろうことを見越してるのかも。
しかも運転手に行き先を告げるのは自力。でも運転手は英語が読めない人が多いので行き先はタイ語で印刷しておかないと危険です。

一見あちこち進化してるように見えるけどポロポロと零れおちる安心感…
気を引き締めて行かねば。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:0
バンコク到着 早朝帰国
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。