旅するワンダ

遠くへ行きたいワンダの旅。

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05

ワンダ

Author:ワンダ
ワンダの徒然なるままの旅記録…

*灯之写にっき
--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/17(水) 12:00
九州
2日目の朝食。鮭と共に魚のように茄子の煮浸しが。
16072284

ご飯の他に蟹雑炊も。こっちばっかり食べてた。
16072285

食後は懲りずに最後の露天風呂へ。
16072286
風呂が昔通りで本当ーーーに良かった。
宿の人も「この辺は影響を受けなかったので大丈夫なんで是非皆さんに伝えて下さい」と言ってました。
ふっこう割が始まるまではなかなか予約も入らなかったらしいので、まだまだ大変なんだと思います。
こういっては不謹慎ですが、そのおかげで復興を言い訳に、今年中にまた休み取ってきちゃおうかな…

最後までのんびりしたら、バスの時間に合わせて宿を出発。バス停までは宿が送迎してくれます。
16072287
さよなら。


山みず木、すごーーーくいい宿なんだけど…ネット環境だけがいまいちなのが残念!!
まずwifiはロビー付近でしか使えません。
で、スマホの回線がLTEになることはあまりなく、殆どがH。部屋の位置によっては×…。
16072283
昔来た時は圏外だったことを考えれば、だいぶ進化したとも言えます。
が、LTE回線がうまく入らない場所なだけに、ここはやはり各部屋にwifiを整備して欲しい…
と俗物は求めてしまいますゆったりとはしたいけど情報を遮断したいわけないので。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
2016/08/16(火) 12:00
九州
夕食の時間になったので食事処へ。
16072272
ふっこう割が始まったので月曜の夜でもほぼ満室らしく食事処も忙しそうです。

椀物は鯛の潮汁。鯛うまー。
16072273

鮎の刺身の後は夏野菜の黒酢餡かけ。見た目よりあっさりしていて箸が進む味。
16072274

米茄子田楽。ホタテや海老も入ってます。
16072275

手延べそうめん。お腹いっぱいになってきたからそうめんは控え目にしよう…
16072276
と思ってたのにコシがあって美味しいから全部食べてしまった。

1人鍋は牛すき焼き。牛肉大好きな母は大喜び。
16072278

とうもろこしご飯も卓上で釜めしのように炊き上げます。ちょっとオコゲが出来てて満腹でも食べられちゃう。
16072277

デザートは紫芋のアイスでさっぱり。
16072279
何とかゴールまで到着。美味しかったー。

食後は最後の夜風呂へ。
16072281
滝がライトアップされていて昼より更に素晴らしい風の湯へ。

2泊すると、夜にフルーツのサービスがあります。
16072282
お腹いっぱーい、と言いながらも風呂上りのフルーツって美味しくて完食。

食べすぎ(今更)。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
2016/08/16(火) 10:00
九州
黒川温泉で人気のパティスリー麓
16072265
都内のデパートに催事で出店することもあるくらい人気の店。プリンが美味しいんです。

プリンもいいけど、ちょうど出来たてだったので塩麹のシュークリームを買ってみました。
16072263

表面ザックザクで美味いーー!!もう1個食べたいけど、他に食べたいもあるしな…と我慢。
16072264
焼き菓子も美味しかったし、復興応援も兼ねて通販でいろいろ頼んでみようかな。
ロールケーキもコーヒーゼリーも食べられなかったし…。

温泉卵も気になるが…母が「あか牛が食べたいわ」と言うので。
16072266

わろく屋に来ました。前に来た時はカレーを食べた店。
16072267
ニンニクの効いたタレが赤身に合って美味しい…。

宿で豪華な夕食が出るから昼は軽く済ませたいんだけど、黒川温泉は軽食の店が意外と少ない。
しかも月曜のせいかお休みのお店もありました。
なので、カレーなどの単品もあるこの店は人気が高く続々とお客さんが入ってました。

ランチを終えたら、巡回バスに乗って宿に戻ります。
16072269

宿に戻ったら、またもや風呂に入って汗を流したら部屋に戻り。

のんびり過ごすために持ってきた本を読みながらまったり。
16072270

でも気がつくと…寝ちゃってる。本を何冊か持ってきたのに、結局1冊しか読み切れなかった…。
16072271
眠りに引きこむ悪魔の椅子。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
2016/08/15(月) 10:08
九州
1泊目の朝食。稚鮎の干物が美味い。ちょうどいい量かな。
16072251

ご飯を食べたら朝風呂にGO。
16072252

森の湯の川沿いの露天風呂もいいけど、滝を眺めながら寝湯が出来る風の湯も好き。
この風呂に入るためにここに来てるのだから2泊3日、思う存分入ります!!
このあたりは地震の影響もあまりなかったようで温泉も前のままで安心しました。
16072253
2つの風呂は川沿いの道で繋がってて行き来が出来るので、宿泊客専用で脱衣場の設備も充実して洗い場もある風の湯の方から入って行ったり来たり。

敷地内にあるカフェ井野家の看板猫。いい顔してるねー。
16072254

宿の湯めぐりバスは11時以降30分置きに出てるので、それに乗って街に降りることにします。
16072255
この宿は温泉街からかなり離れてるので巡回バスが無いと移動はまず無理…。
バスに乗ることを伝えてロビーで待ってれば出発する前に声かけてくれます。

温泉街まで送って貰ったら散策~。
16072256
何度も来てるけど車移動が殆どだから意外と知らない場所が多かったりします。

地蔵堂とか、初めて来ました…ここの由来はちょっと泣ける。
16072258
天井の絵、由緒あるのかと思いきや昔(と言っても昭和の頃)の子供が描いたものらしい。ほのぼの。

地蔵堂の向かいにはこんなものが。温泉の蒸気が吹き出てる「顔湯」
16072259
天然のスチーム美顔器。

狭い温泉街ですが川沿いにのんびり散策。ここが黒川温泉の中心、新明館。
16072260
店主自ら掘った洞窟風呂が有名。
ここが最初に改革を始め、各宿の湯めぐりシステムを作ったのがきっかけで黒川温泉はここまで人気になりました。
だけど…夏の湯めぐりはさすがに辛い。汗だくになるし疲れる。
風呂上りは寝転がりたい。

というわけで、今回も外湯の湯めぐりは無し。

ただのんびりと、道の自販機も街に合わせた色になってたりするのを発見して楽しむのみ。
16072261

この川沿いに温泉旅館が立ち並んでます。
16072262
この辺の宿だと便利だけど川沿いの解放感ある露天風呂…というのは難しい…丸見え覚悟w

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
2016/08/14(日) 21:29
九州
お風呂に入ってバス旅の疲れを癒して、部屋でひと眠りしたら食事の時間になったので食事処へ。

山みず木は食事も楽しみのひとつ。
16072243

夏らしい前菜。この段階で気分上がってます。
16072242

ハモと焼き茄子の椀物。奥に映ってるのがみやび鯛の刺身。
16072244

冷製の煮物。冬瓜や茄子は冷製に合って美味しい。
16072245

定番、鮎の塩焼き。頭も内臓もバリバリ行けますよ。
16072246

この後肥後牛ステーキが出てからの鍋メニュー、が山みず木の定番。

以前は大鍋で出てきてた鍋メニュー、最近は選べる1人鍋にしたようです。
うなぎの柳川鍋か豚しゃぶの2択。2人なら1つずつ頼んで両方味わうことが出来ます。
16072248
というわけで卵イン待ち中の柳川鍋。

と、豚しゃぶはチゲ風味。これスープが美味しかったーー!!
16072249

ご飯も出てきてお腹いっぱいだーもう食べられないよーデザートは無理かなー

なんて言ってたのにとうもろこしの汁粉仕立てがあっさりしてて美味しくて。
16072250
最近めっきり小食の母も完食。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
2016/08/13(土) 19:51
九州
もはや何回目だか判らなくなってきた定宿「山みず木
16072237
ここの川沿いの露天風呂が一番好きなので、毎年恒例の九州旅行でも数年に1度は「山みず木行こうか」って話になります。

どの部屋にもコーヒーメーカーがついてるのも好き。
16072238

今回は部屋に内風呂付。勿論温泉でかけ流し。ずーっとチョロチョロと温泉が出てます。
16072239
今までは部屋の風呂は狭いし、兄もいると交互に入るのが面倒だし、ということで部屋の風呂には拘り無かったのですが。
今回は母と2人だし、最近足が弱って何度も露天に通えなくなった母には内風呂が必要になってきました。

窓際にはオットマン付きの長椅子。座ると即座に眠気が襲ってくる魔の椅子。
16072240

女将お手製の水ようかんだそうです。甘さ控え目で美味しい!!
16072241
これから2泊。兄がいないので遠出は出来ない。ということでここに閉じこもるつもりでのんびり過ごします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
コメント:0
BackPage NextPage
QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。